河童のガジロウ メイン写真
HOME > 河童のガタロウとガジロウ

河童のガタロウとガジロウ

  • ガジロウが出現する池

    福崎町出身の民俗学者・柳田國男の生家や特産館もちむぎのやかた近くにある「辻川山公園」のため池に、河童の河太郎(ガタロウ)と河次郎(ガジロウ)が出没します。
    これは、柳田國男が幼い頃を過ごした福崎町辻川での暮らしぶりなど、自身の人生を回顧して書いた著書『故郷七十年』に登場する、市川の駒ヶ岩の河童のガタロ(河太郎)をモチーフにした河童の兄弟で、兄のガタロウは池のほとりにいますが、弟のガジロウは池の中にいて、
    9時~ 17時の毎時0分・15分・30分・45分に水中から飛び出てきます。

    平成29年4月から、子河童も一緒に出現するようになりました。 河太郎と河次郎がいる辻川界隈は、福崎町の歴史・文化の中心地。歴史を感じさせる建物が目白押しで、まちなみ散策だけでなく、うどんにあらず、そばにあらずの独特の食感が特徴の特産「もちむぎ麺」も食べることができるスポットです!ぜひお越しください。

    ガジロウ出現
  • 河童の河太郎と河次郎物語

    ガタロウとガジロウ物語

    ▼交通アクセス

    ■車の場合/中国自動車道・播但連絡道「福崎IC」福崎北ランプ下車、県道三木宍粟線を西方向へ、「田尻」交差点を斜め右方向へ、平野病院を右折、直進約100mで「辻川界隈駐車場」着。
    ※カーナビゲーションに「もちむぎのやかた」と入力すれば、付近までたどり着くことができます。
    ※辻川界隈駐車場が満車の場合は、もちむぎのやかた駐車場、第1グランド駐車場をご利用ください。

    » 辻川界隈駐車場周辺駐車場マップ(PDF)

    ■電車の場合/JR福崎駅下車、タクシー約10分

    » 河童のガタロウとガジロウ・アクセスマップ(PDF)
    ガタロウ
TOPに戻る